スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

科学世紀のカフェテラス新刊「秘封倶楽部と学ぶトマス・モアの『ユートピア』」

 2017-09-14
ご無沙汰しております。

9/18(月・祝)に京都パルスプラザにて開催される京都合同イベント。
その中の「科学世紀のカフェテラス」にサークル参加いたします。

スペースは「封02」、サークル名は「しずおか静葉」です。


当日のおしながきはこちら。
しながき


そして新刊は「秘封倶楽部と学ぶトマス・モアの『ユートピア』」
秘封倶楽部の2人と岡崎教授の対話形式で、古典名著「ユートピア」の内容を学べる本です。
久々に「上白沢慧ンズ」名義での新刊となります。

表紙原案

「理想郷」を意味する言葉として一般的に使われている言葉「ユートピア」。
この言葉は16世紀にイギリスの大法官トマス・モアによって書かれた本「ユートピア」に由来します。
トマス・モアは著書「ユートピア」の中で、
私有財産がなく人々が高い精神性を持つ理想国家「ユートピア国」を描きました。

したがき2

「トマス・モアが著書で描いた理想国家『ユートピア国』とはどんな国なのか?」
「『ユートピア国』にはどんな社会制度や風習があるのか?」
「『ユートピア国』にはどんな問題点があるのか?」
「『ユートピア』『ディストピア』『ポストアポカリプス』の違いや関係性とは?」
こういった「ユートピア」の内容+αを秘封倶楽部と学ぶことができます。

したがき18

よく言われる幻想郷ユートピア説、幻想郷ディストピア説なんかも、
面倒くさい「ユートピア」原典を読まずとも本書を読むだけでドヤ顔で語れることでしょう。
文系大学生ならレポートや卒論のネタ、学術サークルの活動で使えるかもしれない1冊。
大学生以外にも教養として、また他の映画や小説等の「ユートピア作品」「ディストピア作品」をちょっと楽しめるかもしれない1冊。
本の内容だけでなく、歴史的背景などにも多少は触れているため少しは分かりやすく書けていると思います。

裏表紙原案


B5サイズ・60ページ、イベント頒布価格は800円です。
委託に関してはメロンブックスさんかとらのあなさんへの委託を予定しています。

ユートピア的、ディストピア的な世界観を持つ幻想郷や科学世紀世界。
そんな世界観をより楽しむため、「秘封倶楽部と学ぶトマス・モアの『ユートピア』」はいかがでしょうか。



当日は封02「しずおか静葉」にてお待ちしております。



追伸
最近はなんとかちょこちょこフリーライターの仕事をして生きております。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。